心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

かすかべで彫刻を見てみよう!(5)『煌(こう)』

目次  

彫刻の記事をランダムにエントリーしています。久々にかすかべの彫刻の題で。

通り沿いの彫刻

春日部駅東口から古利根公園橋までの公園橋通りは道路の幅員もあり歩道も広く歩くにとてもいい道路です。そして、両側には彫刻が数体設置されています。また、交差する春日部大通りや学校通りにも彫刻が設置されており、どちらも今では街の景観にすっかり溶け込んでいます。

前回も書きましたが、4月の中旬頃は躑躅が咲き誇っていました(少し時間が経ちましたが)。今回はその内の一つをご紹介します。

f:id:takejiisan:20210508145603j:image

花の中に

f:id:takejiisan:20210508145652j:image

f:id:takejiisan:20210508145712j:image

作品名

(こう)』8 

※番号は「彫刻のある街づくり」で設置された彫刻からの通し番号。

作品寸法

(高さ×幅×奥行き)
110cm× 50cm×62cm

作品素材 青銅

作者

森田 やすこ(もりた・やすこ)

1945年神奈川県生まれ。

作者コメント 

 これから 伸びて行く若いひとりの飾り気のないふとした時にみせる美しさは煌くようです。
伝統と若さのあるこの春日部市で”煌”を共にさせて頂くことができ幸せでございます。 

引用・参考:春日部の彫刻

 

躑躅に囲まれて

この彫刻は躑躅に囲まれて、まるでお花畑にいるみたいです。

f:id:takejiisan:20210508154937j:image
f:id:takejiisan:20210508154934j:image

余話

公園橋通りの一本裏に入った通りを歩いていると正面に彫刻の後姿が見えます。

まだ仕事をしている頃、夜この通りを歩いてくると植栽の中に何やら黒にものが、、、。

一瞬ドキッとした記憶があります。

f:id:takejiisan:20210508155729j:image

なお、春日部にあるこの作品は、作者の代表作の一つに挙げられています。

春日部駅東口エリアにはまだまだ他にも素晴らしい彫刻が多数ありますので、感想を含めて記事にしていきたいと思っています。

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

世の中が落ち着いて、ゆっくりと彫刻巡りができる日がくるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1
 

 

*1:注記:リンク🔗したサイトの記事等は、予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。