心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

再びブログが丸ごと無断転載(コピー)されたようです・・・

目次

また…

今朝、何気なく自分のブログを見ると、こんなサイトが目に止まりました。それがこちら、

↓↓

f:id:takejiisan:20211209063902j:image

(コピーサイトのスクショ)

アレッ!もしかして、、、そうです。また、丸ごと無断転載(コピー)されたようです。

f:id:takejiisan:20200716111702j:plain

(いらすとや)

ちょうど二年前にも同じようなことがあり、その時のことを思い出しました。

↓↓

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

今回の無断転載(コピー)サイトは、よく見るとブログ名が外国語(英語ではない、ルーマニア語?)表記になっています。

嫌ですね。

2年に一度こんなことがあるなんて、少しづつPV数が上がってきたせいなのか? そうしたらむしろ光栄、などと悠長なことは言ってられません。

やはりいい気待ちはしませんし、とても悔しいし、許せません。

対応

さて、どうしょうかな、、、。と

もっとも“はてなブログ"さんには、前回「ブログを公開している以上、無断転載(コピー)を防ぐのは、技術的に不可能」と言われているので、しばらく様子を見ることも考えましたが、他の方も被害に遭う可能性がありますのて、意を決してGoogleへ「著作権侵害の申請」をすることにしました。

なにしろGoogleへの申請には、実名が必要ですので、ちょっと躊躇します(前回は申請しました)。

手順は、

  1. コピーサイトの「スクリーンショット」を撮って
  2. Googleの申請フォームに記入
  3. コピーサイトのURLを再度確認

これで送信。

あとはどうなることやら、、、。しばらく様子を見ます。

ドメインは「.ro」

なお、今回のコピーサイトのドメインは、「.ro」 というドメインでした。このドメインは、ルーマニアに割り当てられているccTLD(国別コードトップレベドメイン)と言う、日本の「.jp」のようなドメインであることがわかり、少し安心できました。

でも、その後に「/proxy」 の文字が見えましたので、一瞬、2年前の超最悪な丸パクリサイトのドメイン「proxypy.org」が脳裏をよぎりました。

因みに、前回も参考にさせて頂いた「スタジオCASIS」さんのブログによると、この「proxypy.org」というドメインのサイトは「超最悪な古参の丸パクリコピーサイト」だそうです。

↓↓

超最悪な古参の丸パクリコピーサイトproxypy.orgを著作権違反で通報しよう! | ホームページ制作 【スタジオCASIS】

この記事にもあるように、自分のサイトが無断転載(コピー)されているかを確認する方法として、

「site:proxpy.org 〇〇〇〇」と、ご自分のサイト名(漢字で可)を入れて検索するとサイトがコピーされているか否か判るそうです。

念のためと思われる方は試して見てください。その結果びっくりするかもしれませんが。

自分も早速試してみました。幾つかコピーされていましたが、全てのページが削除されていました。でもいい気持ちはしませんね。

でも、この度の「/proxy」は、プロシキという代理を意味するIT用語で、「proxypy.org」とは違うようです。少し安心しました。

終わりに

幸いなことに今のところ実害は発生していません。どうして、このブログのような弱小ブログが狙われるのかわかりませんが、やはりアフェリエイト(Google AdSens)をやっているブログは狙われ易いのかもしれません(推測ですが)。

今回は事なきを得ました(今のところ)が、このような事はまた起きるのでしょうね。予定していた記事ではなく、こんな記事を書くとは、昨日まで予想だにしませんでした。

願わくば、転載サイトが悪意のあるサイトでないことを祈ります。

 

*1

((補足:その後、ドメイン「.ro」がルーマニアccTLD(国別トップレベルドメイン)ということがわかりましたので、記事の一部を訂正リライトし本日(12/9)再エントリーしました。))

*1:注記1:本ブログ『心の空のまちから』のドメインは、「株式会社はてな」が提供しているhatenablog.comです。これ以外のドメインを使用しているサイトは、当方に関係のない無断転載(コピー)サイトです。絶対にクリックしないでください。なお、クリックの結果生じたいかなる損害に対しても当ブログ管理人は責任を負えませんので予めご承知ください。))

((注記2:リンク🔗した記事は予告なく削除されるかもしれません。その際には、何卒お許し頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。