心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

かすかべで彫刻を見てみよう!(7)『夏』

目次 

橋の上のギャラリー

大落古利根川に架かる「古利根公園橋」は、その名の通り、橋の上に公園がある橋で、春日部市の市制30周年にあたる昭和59年(1984)に完成しました。

その橋上には、青銅(ブロンズ)製の単身の人物像が5体あり、「彫刻のある街づくり」初期の平成2年から3年にかけて設置れました。

その他にも、市制30周年記念として設置された彫刻、斎藤 馨作『春陽』、さらに大落古利根川東岸の岸壁には雨宮一正作『滝と噴水(トテ馬車)』 の絵などが刻まれています。

今やかすかべの風景にすっかり溶け込んで、彫刻がある「橋上のギャラリー」として市民に親しまれています。

彫刻『夏』

 

f:id:takejiisan:20211118142856j:plain

 

f:id:takejiisan:20211118142958j:plain

f:id:takejiisan:20211118142956j:plain

 

f:id:takejiisan:20211118143402j:plain

角度を変えて

f:id:takejiisan:20211118143404j:plain

橋の上のギャラリー

f:id:takejiisan:20211118143126j:plain
f:id:takejiisan:20211118143123j:plain


台座

作品名

『夏』6

※番号は「彫刻のある街づくり」で設置された彫刻からの通し番号。

作品寸法

(高さ×幅×奥行き)
192cm× 55cm×50cm

作品素材 

青銅

作者

桑原巨守(くわはら・ひろもり)

1927年群馬県生まれ。

作者コメント 

輝く太陽、爽やかな涼風、咲き乱れる野の花高原にすくっと立つ少女。私の抱く夏のイメージを彫刻にしてみました。

引用・参考:春日部の彫刻

彫刻鑑賞スポットその1 古利根公園橋

参考:出身地にある桑原巨守彫刻美術館

渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館 | 渋川市公式ホームページ

余話

この作品はその名の通り夏をイメージした作品です。今は晩秋、少し季節外れかもしれませんね。でも、小春日和の中、古利根川の川風を感じながら、彫刻を見るのも一興かもしれません。

秋も深まり正に芸術の秋。幸いなことに、当春日部市では新型コロナウイルス感染症の新規感染者は確認されていません。

これから年末年始を迎えるので油断は禁物ですが、感染予防対策をしっかりとって、彫刻の街「かすかべ」を散策するのもオススメです。

 

 

 

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。