心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

明治41年創業の元園芸店の建物が取り壊されていた・・・

目次

埼玉県民の日

今日11月14日は、明治4年(1871)11月14日(旧暦)に埼玉県が設置されてから150年目の節目の誕生日です。

なお、この明治4年は、郵便制度が制定された年で、10月3日に放映された大河ドラマ『晴天を衝く』でもそのようなシーンがありました。

埼玉県は、県設置100周年となる昭和41年(1971)11月14日を埼玉県民の日と定めました。

そして、この日は近県のいろいろなテーマパークが割引になる日として知られており、特にディズニーランドが割り引きになる日ということで、ディズニーランドが埼玉県民で埋まる日と言われていました。以前我が家でも行った記憶がありますが、現在は割引チケットは無いようです。

跡地は今

さて、話は変わりますが、新型コロナウイルス感染症の第一波とされた昨年(2020年)4月26日、明治41年(1908)創業の老舗園芸店「トキタ園芸店」の廃業については、下記の記事に書きました。

takejiisan.hatenablog.com

閉店後しばらくは、そのままでしたが、ここに来て、動きがあり、旧店舗などの建物の解体工事が始まっていました。

取り壊し前

f:id:takejiisan:20211113170230j:image

f:id:takejiisan:20211113170227j:image

建物が取り壊されて

f:id:takejiisan:20211113170701j:image

重機が入って、解体工事中
f:id:takejiisan:20211113170704j:image

建物がいつ頃建てられたものかはわかりませんが、ここを通るたび、中から昭和歌謡が流れていて、たまにカラオケも聞こえ、さながら「シニアのサロン」のような雰囲気がありました。今となっては懐かしい思い出です。

f:id:takejiisan:20211113170807j:image

既に、建物の姿は無く、更地(道路予定地)になりつつあります。

f:id:takejiisan:20211113170818j:image

そして、

f:id:takejiisan:20211116202957j:image

更地に…

この「トキタ園芸」さんがあったの前の道路は、明治21年(1889)に開通した岩槻新道(現、県道2号さいたま春日部線)で、昔(昭和の頃)は相当賑わったそうです。

東武鉄道の"開かずの踏切”までの道路沿い間に並んでいた、レトロな時計店、自転車店、菓子店、薬局、書店、判子店などのシャッターも、既に下りていて、閉店・廃業しています。昭和も遠い遠い昔になってしまいました。

 

やがて時が経ち、立派な道路が通り、ここに、その昔「シニアのサロン」と呼ばれた明治創業の園芸店があったことなど次第に忘れ去られてしまうのでしょうね。

 

また、この跡地周辺は、立地的には駅に近い場所なので、綺麗な住宅やマンションが建ち並ぶ、特徴のない普通の街並みになると思います。

 

「栄枯盛衰は世の習い」と言ってしまえばそれまでですが、一抹の寂しささえ感じます。

 

 

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。