心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

東京2020パラリンピックは見どころ満載(其の二)驚きの連続・・・

目次

残暑が厳しく、毎日毎日暑さでぐったり、熱中症にも気をつけてできるだけ外出を控えています。

そんな中、連日熱戦が繰り広げられているパラリンピックも残り一週間、佳境に入ってきました。パラリンピックには面白い競技が沢山あり、これも年寄りの特権とばかりに毎日テレビ観戦で楽しんでいます。

こん棒投げ

8月27日(金)夜、陸上競技の中継がありました。その中で、女子の「こん棒投げ」と言う投擲種目が映りました。一瞬「?」と。映像では難民選手団の女子選手の投げる姿が映りました。

パラ陸上ならではのこの種目、障害でやり投げ、砲丸投げなどが出来ない人のために考えられた種目だそうです。ボーリングのピンのような形の「こん棒」を座位から如何に遠くへ投げるかを争います。投げ方は自由、後ろ向きに投げるのもあり。

この「こん棒」、東京の高校生が作ったそうです。障害の程度に応じてできる種目があるなんてやはりパラリンピックは凄いな、と改めて感心しました。

↓↓

パラリンピック 陸上 こん棒投げ 高校生が製作したこん棒使用 | パラ陸上 | NHKニュース

ボッチャ

f:id:takejiisan:20210830123940p:image

ボッチヤ(いらすとや)

そして、注目していた「ボッチャ」(個人BC2)の予選リーグが始まり、一昨日(8/28)日本の杉村英孝選手が出場しました。この競技をテレビでじっくり見るのは初めてかもしれません。初戦の相手は、RPC(ロシア・パラリンピック委員会)の女子選手D.ツイプリナ選手。ボッチャは男女混合戦なんですね。初めて知りました。

結果は杉村選手が白星スタート、最後は、自身の名がついた密集したボールの上へにボールを乗せる得意技「スギムライジング」を決めて快勝。このシーン、見ていて思わず「エッ!どうなっているの?」と思いました。

何か魔法を見ているような感じでしたね。私は「スギムラマジックボール」でもいいのではないかと思いました。

また、中継を見ていて解説者のわかり易い解説でボッチヤ競技が少しわかったような気がしました。

ボッチャは冷静な状況判断と投球技術が必要なんだな、と改めて感心しました。やはりビー玉遊びとは違います(ごめんなさい)。

選手が投げたボールとジャックボール(白い的球)との距離をレフリーがコンパスで計測する姿、カーリングと同じでした。

昨日(8/29)朝、NHKの番組『朝ナビ』でもボッチヤの話題がありました。その中で、ボールを投げられない方のために「ランプ」と呼ばれる勾配をつけた滑り台のようなものが紹介されました。勾配を利用して、ボールを転がし、ジャックボールの近くまでボールを転がします。

本当に誰でもプレーできるように工夫されていて「究極のユニバーサルスポーツ」と呼ばれているとのこと、さもありなん。

なお、ボッチヤチームは「火ノ玉ジャパン」と呼ばれているそうです。がんばれ「火ノ玉ジャパン」!!

こちらのサイトを参考に

↓↓

ボッチャ 競技ガイド・イラスト解説 | 東京2020パラリンピック | NHK

車いすラグビー

f:id:takejiisan:20210830124430p:image

車いすラグビー(いらすとや)

そして、最後は「車いすラグビー」です。

準決勝では惜しくもイギリスチームに負けてしまいましたが、昨日(8/29)の三位決定戦でオーストラリアに勝利、見事銅メダルに輝きました。おめでとうございます!! 

それにしてもこの競技は選手同士のぶつかり合いが凄いですね。車いすでのタックルも認められており、迫力があります。あんな衝撃でよく怪我しないもんだなぁ、と思いながら応援していました。メダルの色はなんであれ、良かった!!

ところで、この「車いすラグビー」には、髪の長い選手がいるんだなぁと、思って見ていましたが、何と倉橋香衣(くらはし・かえ)さんという女子選手でした。 

この「車いすラグビー」も男女混合競技なんですね。今回初めて知りました。その倉橋香衣選手、屈強な男子選手をものともせずしっかりブロック。自分の役目を立派に果たしました。なお、倉橋香衣選手は、越谷市にある文教大学のご出身で、同市在住とのこと、いやーもうびっくり!!

 

水泳、陸上、柔道、卓球、トライアスロンなど連日のように日本選手の活躍が報じられています。障害をものともしないプレー、本当に頭が下がります。

 

まだまだ競技は続きます。がんばれニッポン!!

 

 

 

*1

 

*1:注記:リンク🔗した記事等は予告なく削除される場合があります。その際は何卒お許しいただきたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。