心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

東京2020オリンピック雑感(其の五)四年ごとの夢・・・

目次 

記録か芸術か

昨年7月16日(土)にNHK・BSで放送され、録画してあった、57年前の第18回オリンピック東京大会の記録映画『東京オリンピック』(監督:市川崑/1965年制作)を今大会閉幕後に改めて見てみました。

この映画、「記録か芸術か」と当時いろいろ論議を呼んだことを覚えています。東京2020オリンピック閉幕後の今改めて見るとなかなか面白いですね。

変貌する東京の姿から始まったこの映画、選手へのインタビューなどは一切ありません。

開会式

57年前の開会式は10月10日、前日とはうって変わって秋晴れの空にはブルーインパルスが描いた五輪のマーク、古関裕而さん作曲のオリンピック・マーチに乗り整然と入場する各国の選手たち、日本選手団の堂々とした行進、ロイヤルボックス昭和天皇への礼、陛下の開会宣言、そして最終聖火ランナーの坂井義則さんがトラックに登場、旧国立競技場のスタンドを一気に駆け上がり聖火を高々と掲げ、黒色の聖火台に点火、割れんばかりの拍手とともに第18回東京オリンピックが始まりました。とても晴れがましい気持ちになったことを覚えています。

日本選手の活躍

f:id:takejiisan:20210812193831j:image

金メダル(いらすとや)

  • 重量挙げの三宅義則選手の金メダル
  • ボクシングバンタム級の桜井孝雄選手の金メダル
  • 渡辺長武選手(フリースタイルフェザー級)を始めとするレスリングでの5個の金メダル
  • 猪熊功選手(重量級)を始めとする柔道での3回級制覇の金メダル
  • 体操男子での団体金メダル、遠藤幸雄選手の個人総合・平行棒での金メダル、後に山下跳びと言われた山下治弘選手の跳馬での金メダル
  • そして、金メダルポイントとアナウンサーが叫んだ女子バレーボールの金メダル

日本選手ではありませんが、新種目の柔道無差別級でのアントン・ヘーシンク選手の堂々とした王者の振る舞い、感動したことを覚えています。なお、この大会の柔道では両者とも白い道着だったのですね。懐かしい。

裸足のランナー

そして、ラストはオリンピックの花と言われるマラソン。この時はまだ男子だけの競技だったと思います。

ローマ大会を裸足で制したアベベ・ビキラ選手、東京大会ではシューズを履いていました。でも相変わらず表情を変えず淡々と走りオリンピック連覇を果たしました。

今回東京2020大会で男子マラソンを制したケニアのキプチョゲ選手も連覇だったのですね。57前のアベベ選手を彷彿される走りでした。

映画では、選手の給水場での様々な様子が映っていました。暑さ対策は何とスポンジでした。バケツから杓で直接水を飲んでいる選手もいました。まだペットボトルは無かった時代です。

ゴールの旧国立競技場へ向かうアベベ選手、甲州街道の両側には大観衆(群衆)、凄い光景です。そして、アベベ選手が競技場に入ってくると大歓声、ゴールテープを切るアベベ選手。2時間以上走ったのにまだ走れるぞと言わんばかりに腕を回す仕草。

学校のテレビで見ていましたが、驚異的な体力に驚いた記憶があります。もちろん3位となった円谷幸吉選手の姿も覚えています。競技場に入ってきた時は2位でしたが、バックストレートで英国のヒートリー選手に抜かれてしまいました。残念でしたが、堂々の銅メダル。国立競技場に揚がる日の丸。とても感動した記憶があります。

四年ごとの夢

全ての競技が終わると閉会式。ロイヤルボックスの今の上皇ご夫妻(当時は皇太子・ 皇太子妃)の若々しいお姿が印象に残っています。そして、現徳仁天皇の可愛らしいお姿も。

戦いを終えて解放された各国選手の和気藹々の入場行進はこの時から始まったのですよね。

そして、

当時のIOCブランデージ会長の閉会宣言

この大会が 

人類の喜びと親しみのもととなることを祈り 

世界の幸福のために 

いっそうの熱意と勇気をと栄誉をもって 

世代をこえ 永遠に 

オリンピックのこころが伝えられんことを―

バックには蛍の光そして電光掲示板には「SAYONARA」の文字。

ラストシーンは、消えゆく聖火とともに

夜 聖火は太陽へ帰った

人類は四年ごとに夢を見る

この限られた平和を夢で終わらせていいのであろうか

との字幕。市川崑監督の平和への願いを込めたメッセージだったのでしょうか。わかりません。

 

今回の東京2020大会は電光掲示板に浮かんだ「ARGATO」の文字で締めくくりましたが、半世紀以上前の東京大会の「四年ごとの夢」、3年後のパリ大会で再び見ることができるのでしょうか。

 

この映画を見ると遠い昔のことが昨日のようによみがえってきます。私にはわかりませんが、東京2020大会の記録映画は多分作られないのでしょうね。総集編はあるかもしれませんが。

 

そして、今大会をテレビ観戦した若い方たちには、どの種目のどんなシーンが心に残っているのでしようか? 

 

若き日の良き思い出は歳を重ねても褪せることなくきっと心に残ると思います。

 

懐古趣味の年寄りが思い出に浸りながら文書を書いてみました。どうぞご放念ください。

 

 

 

*1

 

*1:追記:記事中では、記録映画は多分作られないのでは、と書きましたが、実際は河瀬直美監督による公式記録映画が作成されます。公開は来春の予定とのことです。お詫びして訂正します。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。