心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

かすかべのイベントは今年も中止のようです・・・

目次

朝ドラ『あぐり

新年度になり早くも半月が過ぎました。そしてテレビ番組も新しくなりました。

NHK・BSでは朝ドラ『おちょやん』の前のアンコール再放送枠の『澪つくし』が終わり、先月3月29日から連続テレビ小説あぐり』の再放送が始まりました。このドラマは平成9年(1997)に放送されたドラマです。あぐりさんは作家の吉行淳之介さん、女優の吉村和子さん、そして小説家の吉行理恵さんの母君で、とてもご長命の方でした。

90歳代になっても現役の美容師さんとしてご活躍されていらっしゃるを映像を通してですが覚えています。放送された頃は私はまだ現役でしたのでドラマを全て見た訳ではありませんが、ところどころは今でも覚えています。

主演は田中美里さん、そして夫の望月ユウスケ役は狂言師野村萬斎さん。とてもユーモラスな方でユウスケ役にぴったりでした。でもドラマでは突然亡くなってしまうのですよね。とても驚いた記憶があります。

なお、ユウスケ役の野村萬斎さんは狂言師だけあって台詞を言う時の声がとてもはっきりしていて聞きやすいですね。

最近の俳優さんは声がこもりがちで、発声が今一の方が多いように思います。もっともこっちの聴力が衰えせいかもしれませんが(笑)

マスクの普及

そして、第2回目(3月30日)の放送で、あぐりの二人の姉、そして、続いて父君がいわゆるスペイン風邪で相次いで亡くなるというシーンがありました。

それから、100年の時を経て、今は新型コロナウィルス感染症パンデミック。「時代が変わっても今と同じだな」とテレビを見ながら思いました。 

でも、この『あぐり』が放送された平成9年当時は、知識もなく気にもとめませんでしたが、まさかその20数年後、新たなウイルス感染症が流行し、生活が一変するなど夢にも思いませんでした。

ただ、画面で見る限り、ドラマの中では誰もマスクをしていません。そういう時代だったのでしょうか。

でも、日本でマスクが普及したのは、やはりこのスベイン風邪がきっかけだったそうです。

↓↓

日本でマスクが普及したのはいつから? マスクの歴史 - ウェザーニュース

 

イベントの中止

桜前線が去ると藤の花の出番で、当地かすかべでは毎年「春日部藤まつり」が行われ多くの人出で賑やかになるのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から昨年に続き今年も中止となります。ただし、今年はオンライン形式で行われるとのことです。どんな感じなのでしょうか。

 

【過去記事】

 

takejiisan.hatenablog.com

 

また、5月3日(祝日)、5日(祝日)に開催を予定していた「春日部大凧あげ祭り」と「大凧マラソン」もやはり二年連続の中止だそうです。このままいくと夏祭りも中止かもしれませんね。

 

この1年は本当に多くのことに気付かされた1年でした。コロナ禍の前は当たり前だと思っていたことが実はそうではなかったことも知りました。当地のイベントもその一つ。毎年行われるのが当たり前ではないのですね。

 

窓を開けると新鮮な空気が流れてきます。

今日も好い一日であってほしいと願って、、、

 

f:id:takejiisan:20210414153558j:image

ある日大落古利根川にて

 

 

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。