心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

春の日差しの中、古利根川河畔をちょこ歩き・・・

目次

ちょこ歩き

早いのもで、今年もニヶ月が過ぎ、弥生三月になりました。

まだまだ寒い日はありますが、暖かく感じる日も少しずつ増えてきたような気がします。

歳を重ねると足の衰えを感じることが多くなりました。

昨春の「緊急事態宣言(1回目)」による外出自粛で、筋肉量が落ちたのか、心なしか衰えを一層感じるようになりました。

お医者さんからは、出来るだけ一日1万歩を目標に仕事と思って歩くように言われています。でもなかなかできません。

それでも、風が強い日や雨の日以外、古利根川沿いを歩いています。古利根川の河畔には立派な遊歩道が整備されているので、ウオーキング、ジョギング、ワンちゃんの散歩をしている方々を多く見かけます。ただ、コロナ禍以前に比べるとやはり少ないですが。

河川工事

f:id:takejiisan:20210302122608j:image

4月の暖かさと言われるような暖かい日差しの中、新町橋付近を歩いていると、上流の河川敷で何やら重機が入って工事をしている風景が目に入りました。

f:id:takejiisan:20210302122515j:image

f:id:takejiisan:20210302122712j:image
f:id:takejiisan:20210302123907j:image

新しい遊歩道?と思いましたが、既に立派な遊歩道がありますので、工事看板を見ると、堆積した土砂を取り除く工事でした。

f:id:takejiisan:20210302122547j:image

そう言えば、古利根川のもう少し上流、浄春院辺りの小高い丘は河畔砂丘と言われていますので、この辺りは昔から土砂が堆積しやすい箇所だったようです。 

以前のように

今回の1都3に出ている「緊急事態宣言」の期限が迫ってきました。果たして解除されるのか、それとも再延長されるのか分かりませんが、個人的には新規感染者数や変異株のニュースを見ると解除は慎重にお願いしたいと思います。

もっとも、それは偉い方の決めることなので、隠居如きがとやかく言えることではありませんが、一日も早くコロナ禍の前のように、安心して自由に散歩、ウオーキングができる日がくることを願っています。

 

春はすぐそこまで来ています。

春よ来い、、、

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。