心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

2020年は忘れたいけど忘れられない年?!

目次

2020年もまもなく終わります。

今年2020年は、自分の中では、消してしまって無かったことにしたい年です。できれば最初からやり直したいくらいです。

暗い気持ち

12月に入り、新型コロナウイルス感染症の新規感染確認者が全国的に急増、地元春日部市でも連日二桁の感染者が発生、27日には市長、教育長、医師会長の連名での注意喚起のメールが届きました。

高齢者や基礎疾患のある方の不要不急の外出は控えるようにとのことです。

また、英国で確認された変異種のウィルスでも日本国内で感染者が確認されるなど、本当に経験したことのない暗い気持ちの年末年始になってしまいました。

新年を迎えてもウイルスはお休みではないので、年末年始の過ごし方を考えなくてはいけません。初詣しかり、帰省しかり。

毎年欠かさず行っていた帰省は、やめることにしました。自分もそうですが、もちろん親も高齢なので、新年の挨拶は電話ですることに。

今年の言葉・漢字

今年の新語流行語大賞は「3密」、また、今年一年を表す漢字は「密」でした。

明るい言葉もノミネートされていましたが、結局大賞に選ばれたのは、それぞれ新型コロナウィルス感染症に関する言葉や漢字でした。

でも、自分の中では、新語流行語は「クラスター」若しくは「PCR検査」、また、今年の漢字は疫病の「疫」か、コロナ禍の「禍」です。

明るい言葉や漢字を選びたいのはやまやまですが、二度と聞きたくないので敢えて。

コロナ禍の一年

ほぼ1年前の今年1月中旬、国内で初めて新型コロナウィルスの感染者が確認されました。

最初は、「対岸の火事」と思っていましたが、1月下旬頃からクルーズ客船「ダイアモンドプリンセス号」での集団感染がワイドショーなどで連日報じられ、次第にこれは容易ならざる事態なのではないかと思い始めました。

そして、中国・湖北省武漢市からのチャター便帰国者の方や海外旅行からの帰国者の方などの感染が報じられ、国内での感染者が増えていきました。

さらに、春の彼岸前の3月19日(木)、地元春日部市で初の感染確認された方が出ました。以後感染確認された方は、12月27日現在402人(例)となっています。

また、3月29日(日)多くの笑いを届けてくれたコメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染しお亡くなりになりました。

これは本当に衝撃的な出来事でした。本ブログでも記事にさせて頂きました。  

stay at home

感染者の急増を受けて4月7日(火)からゴールデンウイークの5月6日(水)まで国の「緊急事態宣言」が発令され、stay at homeとなりました。「緊急事態宣言」などと言う言葉は生まれて初めて聞きました。

日本中に自粛ムードが高まり感染者は減少、夏になれば気温が上がってコロナウィルスは減るのではないか、という期待も虚しく、再び感染確認者が増え、第二波、第三波の波が次々と押し寄せました。

「新しい日常』と言う言葉もありましたが、経済のためと理屈を付けてGoToキャンペーンが行われ、人は行動を簡単には変えられないことがよくわかりました。

そして、とうとう年末年始には医療崩壊の危機にあるとまで報じられる事態になりました。

海外でワクチン接種開始という明るいの報道もありましたが、ウィルスの変異種確認のニュースにかき消された感があります。

年末年始恒例の◯◯などと浮かれていていいのでしようか? ちょっと疑問です。

何もない一年

経験したことのない夏、秋そして冬、もう少しの辛抱、と思いつつも、「藤まつり」を始めとして、「大凧まつり」、「夏まつり」と市内のほぼ全てのイベントは中止となり、ただひたすら時の経つのを静かに待っているだけの日々です。

そして、春日部駅東側では「鉄板ダィニング綺羅里」をはじめ、ディスカウントストアの「パール」、種苗販売店「トキタ園芸」、大手居酒屋チェーン「魚民」、「平野医院」、小さなところでは「小沼印店」そして年末には大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」の2店舗が撤退若しくは店仕舞いしました。

もちろんコロナ禍だけではなく理由は様々なのでしょうが、いつもの見慣れた景色からその姿を消しました。

 

忘れたいけど忘れられない2020年もこうして暮れようとしています。来年は逆の意味で忘れられない年であって欲しいですね、

 

なお、年内のブログ更新は今日で最後にしたいと思います。

今年一年、拙いブログをお読みいただきありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

来る令和3年(2021)年が皆さまにとって明るい良い年でありますように、、、

 

最後に、日々ご苦労されている医療従事者の皆さまと日々の生活を支えて頂いている多くの方々に感謝し、新型コロナウィルス感染症の一日も早く早い終息をひたすら願っております。

 

ある日古利根川、古隅田川にて。

f:id:takejiisan:20201228112328j:image

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。