“心の空”のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

サー・ショーン・コネリーさんの死を悼んで(其の一)『007シリーズ』の初代ジェームズ・ボンド役で一世を風靡!

目次

サー・ショーン・コネリーさんの訃報については、いろいろな方がブログなどで発信していらっしゃいますので、私如きが、とは思いますが、自分の備忘録として書かせて頂きます。

訃報

11月1日、007シリーズの8作品で、主役のイギリス情報部員ジェームズ・ボンドを演じた英国人俳優、サー・ショーン・コネリーさんが10月31日、バハマで亡くなったと報じられました。90歳でした。

なお、コネリーさんは、1999年に女王陛下からナイトの称号を授与されていますので、敬意を込めて「サー」と表記しました。 

半世紀以上前に

007のコードネームを持つジェームズ・ボンドに出逢ったのは、半世紀以上も前。 

前回の東京オリンピック開催の前、1962年『007は殺しの番号』(後に『ドクター・ノオ』と改題)という映画が公開されました。日本での公開は、翌年の1963年。

この作品は、007シリーズの第一作目ですが、当時、まだ高校生でクラブ活動(昔は部活とは言っていませんでした)や受験準備で忙しい時でしたので、第一作は、後になってから観たように気がします。

殺しのライセンス(イギリス政府の殺人許可証)を持つイギリス情報部員、ジェームズ・ボンド。

映画のタイトル『007は殺しの番号』と相俟ってとても新鮮な響きでした。

ロシアより愛を込めて

そして、2作目の『007/危機一発』(後に『ロシアより愛を込めて』と改題)を観て完全にはまりました。この作品は、社会人になってから(1972年にリバイバル上映された時?)観ました。以後何回も。

ボンドガールは、ソビエト情報局保安部員タチアナ・ロマノヴァを演じるダニエラ・ビアンキさん、本当に美しい様子のいい女優さんでした。

最初の舞台は、トルコのイスタンブール。

ソビエト在イスタンブール大使館に勤めるソビエト情報局のタチアナ・ロマノヴァから暗号解読機(レクター)を持ってイギリスに亡命したいとの要請(実は国産テロ組織スペクターが仕込んだ罠)を受けたイギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長Mは、タチアナを連れ出す役割に指名された007ことジェームズ・ボンドに彼女の写真を見せ、彼女と暗号解読機(レクター)をイギリスに持ち帰れ、と命令します。

小道具

装備品(秘密兵器)係のQから「赤外線照準器付の25口径ライフル銃と銃弾20発、ソブリン金貨50枚、ナイフ、開け方を間違えると噴射される催涙ガス」などが仕込まれた情報部員必需品のアタッシュケース(後にボンドを窮地から救うことに)を渡されます。

ボンドは、タチアナの写真をスーツの内ポケットに入れ、アタッシュケースを持って部屋を出ます。秘書のミス・マニーペニーと話していると、Mから写真を置いていくように指示されます。

するとボンドは、その場でペンをとり、写真に From  Rossia with Love(ロシアより愛を込めて)とサイン、とてもオシャレなシーンです。

そして、ボンドはトルコのイスタンブールへ。 

イスタンブールでは、タチアナから亡命保護要請を受けたイギリス情報局のトルコ駐在員ケリムとともに情勢を探るボンド。

そのケリムが銃撃戦で負傷、二人は復讐のため、敵のアジトがある大きな女性の顔が描かれた看板のある建物で、女性の口から脱出しょうとする敵をボンドの赤外線照準器付きライフル銃で狙い撃ちます。

その時、ボンドは「女の口は怖い」と一言、粋ですな。これもお気に入りのシーンです。

イスタンブールでの諜報戦をなんとか凌ぎ、領事館の爆破騒ぎに紛れ、暗号解読機を手に入れたボンド。タチアナを連れ、列車(オリエント急行?)で、国境を超えイギリスへ。

その後、列車内で、ケリムが何者かに殺され、そして正体を現した、スペクターが差し向けた屈強の殺し屋レッド・グラント (ロバート・ショウ)。

ボンドはようやくスペクターの罠に気付く、そしてグラントとの死闘を繰り広げます。あわやと思われた瞬間、アタッシュケースに仕込まれた催涙ガスが噴射、グラントを倒しボンドは窮地を脱します。 

そして、列車を下りてもヘリやボートで次々と襲いかかるスペクターの追手。ボンドは見事、追手を撃破、クライマックスのヴェネツァへ。

そこでもメイドに扮したスペクターのナンバー3ローザ・クレッブが毒針を仕込んだ靴先でボンドを襲います。ボンドに惹かれていたタチアナの援護でクレップを倒すボンド。

 

ラストシーンは、ヴェネツァの船上で、二人は、、、主題歌の甘い歌声が流れ、ジ・エンド。

 

クールさに、ジョークを挟む粋なジェームズ・ボンド。自分的には、ジームズ・ボンドと言えば、やはりサー・ショーン・コネリーさんが一推しです。  

 

見どころ満載

そして、様子のいいダニエラ・ビアンキ、スペクターの殺人鬼レッド・グラントを演じるロバート・ショウの鍛えられた肉体美、列車内で彼とボンドとの死闘、そして、絶体絶命のピンチを救う小道具のアタッシュケース。

などなど、見どころ満載。

今風の少し捻ったような内容の映画やドラマと違って、展開がスッキリ(ある意味単純?)していてとても分かりやすく、飽きることなくラストまで楽しめる作品です。

この作品が自分的には『007シリーズ』の中での一番の作品だと思います。

 

アタッシュケース

この作品が日本で公開された頃、多くのビジネスマンがアタッシュケースを持っていました。自分も安物ですが、何個か買いました。

引っ越しの時、捨ててしまったかな、と思っていましたが、捜してみたらありました。

当時、書類を入れるのに、書類が曲がったりしないので、とても重宝していました。 

 

安物で恥ずかしいのですが。

f:id:takejiisan:20201122113523j:image

 

007シリーズには、日本を舞台した『007は二度死ぬ!

(You Only Live Twice)』(シリーズ5作目)という作品もあります。

 

これも結構面白いので、続いて書いてみたいと思っています。宜しければお付き合いください。

 

サー・ショーン・コネリーさんの死を悼み、保存していたビデオ(吹き替え版)を元にこんな記事を書きました。謹んでお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

 

Copyright©2018-2020.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。