心の空のまちから…

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

栄枯盛衰は世の習いと言うけれど(其の五)跡取り物語に幕が下りる時!?

目次

時事川柳

11月2日(月)読売新聞朝刊の『よみうり時事川柳』にこんな川柳がありました。

大塚の家具だけ残る社長室

埼玉県朝霞市の男性の方の川柳です。ウィット富んだ秀逸な川柳に思わずニャっとしてしまいました。

5年程前、世間の耳目を集め、父娘の経営権をめぐるお家騒動でワイドショーを賑わした“かぐや(家具屋)姫”こと大塚家具の社長大塚久美子氏が、同社の社長を12月1日をもって辞任されるとの報道がありました。

↓↓

〝かぐや姫〟の非情なエンディング…大塚久美子氏が社長辞任 親会社から三くだり半 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

先の時事川柳はその報道を受けての川柳ですね。

昨年、自分もこんな記事をエントリーしました。少し大袈裟ですが、“跡取り物語」と表記しました。

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

大塚久美子社長の去就については、ネットに多くの記事があがってぃます。

↓↓

大塚家具の久美子社長が辞任。彼女は何に負けたのか(webマガジン mi-mollet) - Yahoo!ニュース

こちらも

大塚家具の“かぐや姫”が辞任 親子ゲンカの末、家業が他人の手に(THE PAGE) - Yahoo!ニュース

宴(うたげ)の跡

f:id:takejiisan:20201110145703j:image

大塚家具旧春日部店(春日部ショールーム)の建物は、所有者は変わっているようですが、今も、何の進展もなく、言葉は適切ではないかもしれませんが、何となく“宴の跡の廃墟”のようで、イトーヨーカドー春日部店で前の建物を見るたび、切ない思いにかられます。

f:id:takejiisan:20201110145730j:image

なお、昔の大塚家具は、この建物の場所ではなく、イトーヨーカドー春日部店側(手前の撮影側)にあったとのことです。因みに久美子社長は、このあたりで幼少期を過ごされたそうです。

古い建物は、鉄道高架事業の進展に伴って、再開発される時(あるのか無いのかわかりませんが)にでも新しい建物になるのでしょうか?

跡取り物語に幕

父大塚勝久氏が築いた家業の大塚家具は、あっけなく人手(ヤマダ電機・現ヤマダホールディングス)にわたってしまいました。

長引く少子高齢化とライフスタイルの変化で、家具業界も変化を余儀なくされる中、変化に対応できない会社は負け組となって市場からの退却を余儀なくされる、まさに栄枯盛衰は世の習いということでしよう。

こうして、大塚家具を巡る「跡取り物語」は、一旦幕を下ろしました。久美子氏はまだお若いので、これからのご活躍を期待したいと思います。

島忠も

そして、家具業界の話題といえば、もう一つ。島忠を巡って、ニトリとDCM(DCMホールディングス)の間で、争奪戦が繰り広げられていると、報じられています。

↓↓

ニトリ なぜTOBに参戦 島忠の完全子会社化を目指す理由は | NHK

 

島忠の創業は、同社のホームページによると、明治25年(1893)と古く。初代島村忠太郎氏が埼玉県春日部市で「島村箪笥製造所」を創業したとのことで、大塚家具と同じく、やはりかすかべの桐箪笥店がルーツのようです。


当地かすかべに引っ越した時の我が家の家具は、大塚家具、島忠、ホーマック(DCMホールディングス)で購入しました。

ニトリにも見に行ったことがありますが、雑貨は購入しましたが、残念ながら家具は“お値段以上”ではなかったので、購入しませんでした。

 

果たして、島忠はいずれの傘下に収まるのでしょうか? 注目したいと思います。

 

時は移り、「桐の街」かすかべも昔の勢いは感じられなくなった、とご近所の方がいつも仰っています。 

 

あぁ栄枯盛衰は世の習い、、、

 

 

*1

*1:注記:リンク🔗した記事は、予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。