心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

残暑見舞いと夏雑感・・・

目次

新型コロナウイルス感染症が話題になってから7ヶ月、本当に鬱陶しい日々が続いています。加えてこの猛暑。

f:id:takejiisan:20200813094518j:image

(いらすとや)

気候温暖な国?

子どもの頃、気候温暖な国と教わった(確か)日本はもうありません。昨今の災害発生状況などをみるとそんな気がします。

子どもの頃(昭和30年代)は、気温は37℃とか38℃はほとんと聞きませんでした。高くてもせいぜい32〜34℃くらいだったような気がします。 

もちろんエアコンなどはありませんでしたし、扇風機もあるかないかの生活でした。団扇だけが、涼をとる手段。冷蔵庫も氷の塊を上の方に置く形の冷蔵庫でした。

夕方になるとステテコ姿のおじさんたちが、家の前の縁台で涼んでいました。打ち水をしている光景もよくみました。遠い昔の思い出です。

日射病

外で遊んでいると日射病になる、と親からよく言われました。今は熱中症に警戒してとテレビや防災行政無線に毎日言われています(トホホ)。

今思うと、エアコンもない夏、よくぞ無事に過ごしてきたなと思います。

その後、ヒートアイランド現象などと言われはじめ、年々暑さがひどくなったような気がします。

まだ越谷市に住んでいた頃(平成19年(2007)8月16日)、気温40℃を経験したこともありました。あの年も相当暑かったですね。埼玉県は熊谷市だけでなくこちらの方も暑いのです。

コロナ感染症

一方、新型コロナウイルス感染症は、毎日、ほぼ全国で新規感染判明者の発表が行われています。

埼玉県では、昨日(8月13日)、感染判明者が累計で3000人を超えました。春日部市でも、同じく、累計で100人を超えてしまいました。一向に収まる気配はなく、この先どうなるのか全くわかりません。 

暑気払いをしたくても、お店にいけないので、おうちでするしかありません。辛い夏です。

注意喚起

春日部市からは、毎日、防災行政無線やYahooの防災速報アプリのメールで注意喚起があります。

お盆前までは、「強い危機感を持った行動をお願いします」のタイトルでメールが届いていました。

そんな中、8月6日、市の職員さんの感染が判明、続いて、12日、同僚の方1名が濃厚接触者として感染が判明。

市民には「強い危機感」と呼びかけておいて、市役所はそうではではなかったようです(嫌味たらしくてすみません)。

 

Withコロナとか、コロナとの共存などと言われていますので、ワクチン接種が可能となる時まで、このような状況が続くのでしょうね。

 

毎日、全国各地で感染者数の発表がありますが、それ以外何の情報も無く、「んで、だから?」(朝ドラ『エール』での小山田耕三先生が古山裕一の作品を見ての一言)と言いたくなります。

 

日々ご苦労されている医療従事者の皆様と、日々の生活を支えて頂いている多くの方々に感謝し、新型コロナコロナ感染拡大の一日も早い終息を祈っています。 

 

おわり

 

 

 

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。