心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

自粛というよりむしろ自衛・stay home!

目次

 

リハビリをキャンセル

月に一回、血圧の薬を貰いにかかりつけの病院に行っています。また、腰の具合が悪いので、昨年末から保存療法ということで、週1〜2回リハビリにも行っています。

時節柄、なかなかリハビリに行く気になれず、3月のリハビリの予約は、何回かキャンセルしました。

感染者の発表

そして、3月26日(木)夜、自分が住む春日部市で医療従事者の方(40代の女性)の新型コロナウィルスの感染が発表されました。感染経路は、今のところ分かっていないようです。

市内の主な病院のサイトを見てみると「春日部中央総合病院」の医療従事者の方だとわかりました。謹んでお見舞い申し上げます。

別に詮索する気持ちはありませんでしたが、通院中(別の医療機関ですが)の身なので気になりました。

なお、26日(金)19:00〜30日(月)9:00、通常外来と救急外来は、休診とのことです。週明けには開院のようなので、安心しました。

↓↓

春日部中央総合病院

この病院は、MRI等検査設備も充実している比較的大きな総合病院です。以前、検査に行ったことがあります。

不要不急の外出自粛要請

また、26日、埼玉県知事より、週末(28日、29日)の不要不急の外出自粛要請のメッセージがありまた。

そして、26日の夜、東京都及び埼玉、千葉、神奈川、山梨の4県の知事がテレビ会談の結果、

新型コロナウイルス感染症は、今、世界各地で猛威を振るっています。私たちもこれまで感染拡大を防止するため、様々な対策を幅広く講じてきました。今後、感染者の爆発的な増加やロックダウン(都市封鎖)などの最悪の事態を回避するため、私たちは連携し、断固たる決意を持って対策を進めてまいります。

として『知事共同メッセージ 』が発せられました。さらに、

同時に、この難局を乗り切るためには、住民の皆様や企業の皆様のご協力が何よりも重要となります。皆様一人ひとりにも、それぞれの都県から要請されている次の点にご理解・ご協力をいただき、1日も早くこの事態を共に終息させましょう。 

として、

  1. 「換気の悪い密閉空間」「多くの人の密集」「近距離での会話」の条件が重なる場所を避けるための行動
  2. 特に感染の発見が難しい若年層の皆様の慎重な行動
  3. 人混みへの不要不急の外出自粛
  4. イベントなどの自粛
  5. テレワーク、時差通勤、在宅勤務などの実施

などを訴えています。

詳しくは、

↓↓

新型コロナウイルス対策に関する1都4県テレビ会議の結果について - 埼玉県

 

ハリウッドスターのトム・ハンクスさんを始め、日本では志村けんさんやプロ野球選手、外国では、英国のチャールズ皇太子、ジョンソン首相などの感染が伝えられています。

 

まさに『今そこにある危機』(1994年公開の米ハリウッド映画のタイトル、主演はハリソン・フォード)の様相です(タイトル名だけお借りしました)。

 

桜の咲く頃までには…

と思っていましたが、桜は満開となり、早くも散り始めています。桜は来年も咲きますので、来年の桜を見るためにもとにかく元気でいたいと思います。

 

新型コロナウィルス感染拡大の終息は、見通せない状況が当分続くと思うと気が重いですね。

 

ということで、

リハビリに行っているのは、別の医療機関ですが、昨日(27日)のリハビリの予約はキャンセルしました。月内にもう一回予約を入れていますが、やはりキャンセルするつもりです。室内で出来るストレッチやステップボードで少しでも身体を動かします。

 

自粛と言うより自衛のためにも不要不急の外出は控えて引き籠もっています。

英語で言うと、stay home!

 

f:id:takejiisan:20200805105545j:image

(いらすとや)

 

 

*1

*2

*3

*4

*5

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:追記1(2020/3/29):

読売新聞(3/29/埼玉版)によると埼玉県は28日、医療従事者(女性)の方の勤務先が「春日部中央総合病院」であると公表しました。

*2:追記2(2020/3/30):

春日部中央総合病院は、本日(30日)午前9時から開院の予定でしたが、当分の間、通常外来と救急外来は休診となりました。なお、再開は未定とのことです。

*3:追記3(2020/4/6):

春日部中央病院は、4月7日(火)から、通常外来と救急外来を再開することになりました。

*4:注記1:リンク🔗したサイトの記事等は予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

*5: 注記2:この記事は、以前、サブブログ「まにまにの記」(現在非公開)にエントリーした記事です。一部リライトしてこちらのブログにまとめました。

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。