“心の空”のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

小渕一里塚跡と庚申塔(併用道標)

目次

江戸時代、かすかべには、「一里塚」が備後(春日部市備後東4丁目3)と小渕の2ヶ所に一里塚がありました。今は、どちらもその原型は残っていませんが一里塚があった跡は残っています。

今回は、そのうちの「小渕一里塚跡」のことを…

小渕一里塚跡

日光道中は、寺町の最勝院の手前を右折、粕壁宿を抜け大落古利根川に架かる新町橋を渡り、小渕に入ります。

f:id:takejiisan:20200318121015j:plain

新町橋より

そして、100㍍ほど先の交差点を左折、日光方面に向かいます。

f:id:takejiisan:20200318121106j:plain

小渕の交差点

ここを左折

f:id:takejiisan:20200318121103j:plain

日光方面へ

f:id:takejiisan:20200318121310j:plain

右手の角に

400㍍ほど行くと右手の電柱の陰に庚申塔(併用道標)が建っています。

江戸時代、この場所に、一里塚がありました。幕府は、街道・往環沿いに江戸・日本橋を起点として一里(約4km)ごとに塚を築き、榎などの木を植えて目印にしました。

小渕に残る一里塚跡は日本橋から9番目(10里目)の一里塚です。昭和45年(1970)に塚跡を史跡とする石碑が建てられました。

野田、金野井道の道しるべ

f:id:takejiisan:20200117162534j:plain

ひつそりと

f:id:takejiisan:20200117162554j:plain

史跡小渕一里塚跡と庚申塔(併用道標)

f:id:takejiisan:20200318144928j:plain

庚申塔(併用道標)

f:id:takejiisan:20200318144912j:plain

右側面

f:id:takejiisan:20200318144906j:plain

左側面

日光道中と関宿道が分岐する「追分の道しるべ」の日光道中の手前を左折する角(一里塚跡の石碑の隣)に天保3年(1832)銘の庚申塔があり、この左側面に「こまき明神へ六り、のだへ三り  金野井河岸へ一り半」の銘が刻まれています。(春日部市史/第六巻/通史編Ⅰ)。  

金野井往還

この前の道は、金野井往還(金野井道)と呼ばれた道筋です。この先、八丁目村、樋堀村を経て金野井村(旧庄和町)の金野井河岸に至る道筋でした。さらにその先は野田まで続きました。

野田や金野井河岸はわかりますが、「こまき明神」はわかりません。でも、6里(約24km)ということは、結構遠い所なのでしょうね。

左右が逆?

春日部市史には、「左折する角」と記載されていますが、実際は「右折する角」に建っています?  

また、左側面に、各地への路程の銘が刻まれていると記載されていますが、実際は、右側面に各地への路程左側面には建立年の銘が刻まれてあり左右が逆のような気がします。

f:id:takejiisan:20200322083105j:image

左側面には確かに建立年が

「以前は違った場所に建っていたが道路工事に伴い現在地に移転した」と仰る地元の方もいらっしゃいます。もしかしたら、春日部市史の編纂された時には違った場所にあったのかも、それはわかりません。 

それとも、庚申塔から見たら左側面ですので、あながち逆とも言えません。浅学なのでそこはわかりません。どこかで、機会があれば調べてみようと思っています。 

余話

慶長9年(1604)、幕府は大久保石見守長安に命じて主要道路に一里塚を築かせました。江戸・日本橋を起点に一里ごとに道路の両側に5間(9m)四方の大きな塚をおき、頂上にエノキを植えました。幕府の領地(直轄領)は代官、私領は領主の責任において工事を行わせたので、約三か月でこの事業が終わったといわれています。

一里塚は、伝馬の賃金支払いの基準になるとともに旅行者の目安、休憩所ともなったものであり、またエノキの実は医薬にも利用されたといわれています。塚のエノキについては、大久保石見守長安が将軍から「松、杉の余の木を植えよ」といわれたのを「榎」と間違えたものと伝えてられています。(埼玉新聞社出版部、埼玉郷土辞典)
なお、幕府は、このようにして、早くから大名の参勤交代やそのほかの公用のために、江戸を中心とする五街道(東海道・中山道・甲州街道・日光街道(日光道中)・奥州街道)を開き、宿駅などの設備も整えましたが、主として公用のための道で、商人などは脇街道を利用する者が多かったといわれています。
徳川実紀所載の一里塚

「2月4日(慶長9.2.4)右大将殿の命として諸国街道一里毎に堠塚(世に一里塚という)を築か占められ街道 の左右に松を植えしめられる東海中山両道は、永井弥右衛門白元本多左太夫光重東山道は山本新五左 衛門重成米津清右衛門正勝奉行し町年寄樽屋藤左衛門奈良屋市右衛門も之に属して其事を勤め大久保石見守長安之を惣督し其外公料は代官私領は領主沙汰し五月に至りて成功す(註)世に伝うる所は昔より諸国の里数定制ありと雖ども国々に異同多かりしが近世織田右府領国の内に堠塚を築かしむ此時又改めて江戸日本橋を道程の始めに定め七道に堠、、築かれしとぞ其時大久保石見守に候樹にはよい木を用いよと仰せありしを長安承り誤りて榎を植えしが今にのこれりとぞ」(巻八)

「路程の里数も織田右府の時より三十六町をもて一里と定め一里毎に堠を築かしめて表職せられ史を豊臣家にても弥遵行あうしが君関東へ移らせ給ひし後同じく一里毎に堠を築きそが上に榎の木を植えしめ給うし(この時松の木を植えんと申上げしに余の木を植えよと仰せありしを承り違いて榎の木を植えしという)又その頃駄賃銭の定額なくして行旅艱困するよし聞えければ衆に議せしめて一里十六文其余官道ならぬ所はまし加えて賃銭定まりしとぞ一駄は四十貫目乗懸は両荷廿貫目乗主は十八貫合わせて四十貫米一石も四十貫目なりしとぞ」(巻三十一附録)

『御実紀』(ごじっき)、通称『徳川実紀』(とくがわじっき)は、19世紀前半に編纂された江戸幕府の公式史書。全517巻。

 

【小渕一里塚跡】

 

 

 

 

Copyright©2018-2020.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。