心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

テレビを見ると何になる?

む目次

小津監督作品

3月14日(土)の午後『お早う』という小津安二郎監督の映画をテレビで見ました。昭和34年(1959)公開の作品です。

高度成長期の東京郊外の新興住宅地を舞台に、当時の世相をコミカルに描いた名作です。懐かしい風景がありました。

f:id:takejiisan:20200716090216p:image

昔のブラウン管のテレビ(いらすとや)

テレビというものが当時の日本の生活に普及していく様子とそれに伴う様々な問題がコミカルに描かれていてます。さすが小津作品だなと思いました。

テレビを見ると

その中に「テレビを見ると馬鹿になる」という台詞がありました。

この台詞、久しぶりに耳にしました。

昔、よく「テレビばかり見ていると馬鹿になる」とも言われました。ばかり…が入っていましたが。

また、その頃、大宅壮一氏(ジャーナリスト、社会評論家)が、「一億総白痴化」という言葉でテレビの普及を批判していました。

そして、大学生だった頃「テレビは愚民化の道具」と喝破された先生もいました。 

自分は、すっかり愚民となり、今や凡人中の凡人になっています。

今しみじみと

そして今、「テレビを見ると馬鹿になる」をしみじみと実感しています。

ワイドショーなど地上波の番組には途中でチャンネルを変えたり、スイッチを切りたくなる番組も少なくありません。実際、地上波の番組は、NHKニュース以外、ほとんど見ていません。

もちろんこの歳まできてしまいましたので、今更テレビを全く見ない訳ではありません。もっぱら、BSで古い映画、ドラマなどを見ています。

そして、夜は7時のNHKニュースが終わったら一応、テレビタイムの終了です。

新聞も

また、新聞も地元のこと以外の興味のない記事はスルーしています。何しろ東日本大震災に伴う原発事故の際にも誤報?とされた記事(新聞社の社長が認め、謝罪しました)を読まされた経験がありますので、あまり信用していません。もちろんネット配信も含めてです(むしろこちらの方が……)。 

今回の新型コロナウィルス感染拡大に伴う報道でも再び同じことが繰り返されないとも限りません。

 

いずれにしても、自分の頭で良く考え、注意深く見ていこうと思っています。

 

ところで、「テレビを見ると◯◯になる」、あなたは◯◯に何を入れますか? 

お好きな言葉を自由に入れてみてください。きっといろいろあると思います。

 

大落古利根川・春日橋のユリカモメ

f:id:takejiisan:20200315205946j:plain

 

 

 

*1

 

*1:注記:この記事は、以前、サブブログ「まにまにの記」(現在非公開)にエントリーした記事です。一部リライトしてこちらのブログにまとめました。

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。