心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

かすかべで彫刻を見てみよう!(3)『茉莉花(まつりか)』

目次

橋上のギャラリー

大落古利根川に架かる古利根公園橋は、全国でも珍しい橋の上に公園がある橋で、春日部市制30周年にあたる昭和59年(1984)に完成しました。
その橋上にある彫刻は、全てが青銅(ブロンズ)製の単身の人物像で「彫刻のある街づくり」初期の平成2年から3年にかけて設置されました。

今やかすかべの風景にすっかり溶け込んで、彫刻がある橋上のギャラリーとして市民に親しまれています。

その他にも、市制30周年記念として設置された彫刻「春陽」、さらに古利根川東岸の岸壁には「滝と噴水(トテ馬車)」の絵が刻まれています。 

今回は、古利根公園橋にある彫刻をご紹介します。

彫刻『茉莉花(まつりか)』2

f:id:takejiisan:20200313173206j:image

f:id:takejiisan:20200314082904j:plain

f:id:takejiisan:20200314082907j:image

f:id:takejiisan:20200314083551j:image

f:id:takejiisan:20200314083235j:image

f:id:takejiisan:20200314083315j:image

※番号があるのは「彫刻のある街づくり」で設置された彫刻からの通し番号。

作品名

『茉莉花』2

設置年月日

1990年3月

作品寸法

(高さ×幅×奥行き)
205cm×70cm×70cm

作品素材 

青銅(ブロンズ)

作者

舟越保武(ふなこし・やすたけ) 

1912年岩手県生まれ、2002年没。   

佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家。

舟越保武 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

作者コメント  

 身体のねじれ方によって表れる旋律の美というものが、これをつくった頃、10年間の制作課題であった。ちょうど釧路市の幣舞橋に「道東の四季-春」を作ったすぐ後であった。身体の「向き」の変化についての課題が私の中に残っていたのである。身体の「ひねり」とか「向き」というのは、身体の各部分の方向の向きがこのねじれによって少しずつ角度が変わっていく。正面の向きが変化するのである。 この像では、両足の向いている正面が少しずつ右へ向きを変えている。胸の向きではかなり右へ廻っている。俗にいえば「ねじれん棒」のねじれである。このように微妙なリズムが彫像の中に潜むこととなり、投射される光線の明暗も微妙な効果をもつはずである。

引用:

春日部の彫刻

作者のコメントにもあるように、この作品は体のねじれ方によって表れる旋律の美を表現しているそうです。

舟越保武の作品

所蔵品・蔵書-舟越保武 | 岩手県立美術館

たつこ像(青森県仙北市・田沢湖畔)

たつこ像 観光情報 | 仙北市

二十六聖人殉教者像・昇天のいのり(長崎県長崎市・西坂公園)

日本二十六聖人殉教地(西坂公園)(長崎県)|るるぶ&more.

 

余話 

茉莉花は、ジャスミンの和名です。花言葉は「愛想のよい」「優美」「愛らしさ」「官能的」など。

この彫刻(ブロンズ像)は竹下内閣のふるさと創生事業の一億円で作成・設置されました。因みに、その時に作成・設置された彫刻(ブロンズ像)の中でこの作品の製作費が最も高額だったそうです。   

いずれにしても、戦後の日本を代表する彫刻家の舟越保武佐藤忠良の作品がある古利根公園橋の「橋上のギャラリー」。一市民として誇りに思っています。

 

橋上の歩道脇にパンジーが植えられていました。

f:id:takejiisan:20200314180210j:image

f:id:takejiisan:20200314180234j:image

 

♪桜の花びら舞い散る公園橋〜♪

春は、すぐそこまできています!!

 

 

*1

*1:注記:リンク🔗したサイトの記事等は、予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。