心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

かすかべで彫刻を見てみよう!(2)『風になるとき』

目次

上を向いて歩こう・・

春日部駅東口から「公園橋通り」を300m程歩いた右角にある春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」(開設:平成21年12月16日)のすぐ脇にこの彫刻は設置されています。

f:id:takejiisan:20200211172002j:image

右手前・「ぷらっとかすかべ」

この彫刻をみると、???と思う方もいらっしゃると思います。

彫刻の多くは、地上に設置されていますが、この彫刻の場合、上を向いて歩いていないとまずわかりません・・・

この彫刻を見て「あぁ風が吹いているなぁ」と感じるかもしれませんね。

なお、歩道から上を向いている時には、どうぞ周りにご注意をお願いします。

彫刻『風になるとき』15

f:id:takejiisan:20200211172617j:image

f:id:takejiisan:20200211202918j:image

f:id:takejiisan:20200211203020j:image

f:id:takejiisan:20200211172112j:image

銘板

※番号は「彫刻のある街づくり」で設置された彫刻からの通し番号。

作品名

『風になるとき』15 

設置年月

1995年3月

寸法

(高さ×幅×奥行き)
550cm× 450cm×50cm

作品素材

チタン合金、鉄、ステンレス

作者

西野 康造(にしの・こうぞう)

1951年兵庫県尼崎市生まれ

詳しくは

↓↓

西野康造 – GYFA

作者コメント

街を歩いてみると、いろいろな所に彫刻がある。 又歩いてふと見上げると、空にはばたく彫刻がある。
ぼくの作品もこの街の仲間になった。
春日部の空気と風のなかで、街と人々とこれらの彫刻が一つに結ばれればよいと思う。

何の動力も使わず、風力のみ。抵抗が無いので、台風などにも無抵抗、まさに風の吹くまま・・・“まにまに”です。

この作品は西野先生が、40代半ば頃の作品です。かすかべの彫刻には、それぞれの作者が若い頃に作った作品が多いと思います。

著名な彫刻家の方の作品がご覧になりたければ、どうぞ“かすかべ”へ。

 

 

*1

 

*2

 

 

*1:参考:春日部の彫刻

*2:注記:リンク🔗したサイトの記事等は、予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。