心の空のまちから…

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

祝!神明貝塚が国指定史跡へ

目次

神明貝塚が国指定史跡ヘ

去る11月16日、新聞朝刊の地方欄を見ると、『埼玉(さきたま)古墳群が特別史跡へ「悲願だった」』の大きな見出しが目に入ってきました。

続いて、「神明貝塚国史跡…牛王山遺跡も」の小さな見出しが。

春日部市北東部の西親野井地区(旧庄和町)にある神明(しんめい)貝塚について「国の文化審議会は国指定史跡に指定するよう文部科学大臣に答申した」という嬉しいニュースです。

記事によると、

神明貝塚は、縄文時代後期の集落遺跡。竪穴建物が密集している構造で、出土した動植物などから当時の地域特性を知ることができるという。集落の存続期間はおよそ300から400年ほどだったと考えられている。

牛王山(ごぼうやま)遺跡(和光市)は弥生時代後期の周囲に堀を巡らせた集落。関東では珍しく銅鐸なとも出土している。遠隔地との交流があったことを示しており、弥生時代の実態を知る上で重要な集落遺跡と考えられている。(読売新聞/2019/11/16/朝刊/埼玉・県東・県南版

なお、埼玉古墳群と合わせれて登録されれば県内の国指定史跡は、22件(特別1、史跡21)となります。

正式な指定は来春

今後、官報の告示を経て、正式に指定される予定とのこと。指定されると春日部市としては初めての国指定史跡となります。指定は年明け2月頃(?)だそうです。今から楽しみです。

なお、「国指定史跡」とは、貝塚、集落跡、城跡、古墳などの遺跡のうち歴史・学術上価値の高いものを指し、国によって指定されるものです。

参考:春日部市のサイト

↓↓

神明貝塚と縄文人の暮らし 春日部市

以前、「市内文化財めぐり」で…

以前(平成23年11月)、春日部市文化財保護課の主催する「市内文化財めぐり」に参加する機会がありました。その時、神明貝塚の発掘現場を見学しました。発掘現場を見たのは、その時が初めてでした。

少し古いですが、写真がありましたので、

f:id:takejiisan:20191208112747j:plain

発掘現場

f:id:takejiisan:20191206184050j:plain

結構広いです

f:id:takejiisan:20191208112829j:plain

発掘跡

f:id:takejiisan:20191208112910j:plain

白いのは貝殻

f:id:takejiisan:20191208112943j:plain

ハッキリと貝殻が

f:id:takejiisan:20191208113020j:plain

地層も

f:id:takejiisan:20191208113104j:plain

こちらの地層も

f:id:takejiisan:20191208113127j:plain

発掘調査の跡

f:id:takejiisan:20191208113231j:plain

発掘の作業中

f:id:takejiisan:20191208113312j:plain

こちらも跡

f:id:takejiisan:20191208113346j:plain

畑の作物がよく育つ?

f:id:takejiisan:20191208113415j:plain

フェンスの向こう側は埋め戻した跡?

貝塚とは

また、その時頂いた資料には、

 貝塚は、人々が貝類を食べた後に、その殻を捨てた場所です。長い年月をかけてその行為が繰り返されなことにより、それらが積った場所です。

神明貝塚は、縄文時代後期(4,000年前〜3,000年前ごろ)に、下総台地(しもうさだいち)と呼ばれる高台(標高12mぐらい)の西端につくられました。この貝塚の形は馬蹄形(ばていけい)と呼ばれ、中央に広場があり、それを円く囲むように集落がつくられています。大きさは南北120m、180mで県内最大級です。

 貝塚からは貝殻だけでなく、魚や動物の骨、土器や石器などが発見されています。貝殻を調べると、当時の人々が魚貝類を取り、野山で狩りやドングリなどの木の実を採っていたことがわかります。

と書いてありました。

また、人骨も出土しています。なお、神明貝塚の貝は、主にヤマトシジミと説明がありました。「しじみ」って、今だと健康食品ですね。

「国指定史跡」ともなれば、案内板や説明板も設置されるかも知れません。そうなると、「発掘現場」の保存はどのようになるのでしようか?

それにしても、貝塚の発掘現場の見学は、貴重な体験でした。

 

 【神明貝塚】

 

この記事が記念すべき100本目の記事です。祝!! 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。