心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

新型コロナワクチンの接種(一回目)を受けました・・・

 目次

前回に続き、新型コロナワクチン接種について、備忘録として書きます。

ワクチン接種

20日(日曜日)に新型コロナワクチン接種(一回目)を受けました。

 

f:id:takejiisan:20201220181958j:plain

(いらすとや)

20日は前日までの雨も明け方には上がり、朝からムシムシするとても蒸し暑い日でした。

朝とお昼前に体温を測り、いずれも37.5度以下(以上だと受けられない)だったので、いざ、と言うことになりました。

でも、出かける段になると何だかとても緊張しました。毎年インフルエンザの予防接種は受けていますが、それとはちょっと違う緊張感です。

接種会場の小学校に着くと、春日部市石川市長が視察を終えられたのか、体育館からちょうど出て来られるところでした。

体育館前にはパイプ椅子が30脚ほど並べられており、予約時間までそこで待つこと約10分。そして、10人づつ会場に。

体育館の入り口には車椅子用のスロープが設置されていました。

会場内に入ると番号札を渡され、

  • 接種券(クーポン)
  • 予診票(問診票)
  • 本人確認ができるもの

等を手元に出して、番号が呼ばれるまで、椅子に座って待機(10分程?)。不思議なことに、いよいよだな、と思うと何だか気が楽に。

自分の番号が呼ばれると

  • 予診票(問診票)のチェック
  • 体温を測り(自宅での体温を聞かれました)
  • また、「お薬手帳があれば出してください」と言われました(持参していました)。

事前確認が終わると接種ブースの前に移動し、接種を受ける旨の署名をして待機。

今度は直ぐに番号を呼ばれ、「問診ブース」へ、ご担当の医師(地元の病院の院長先生)からの問診を受け、隣の「接種ブース」に入りました。

いつもの注射と同じように「チクっとしますよ」と言う間も無く、本当にチクで接種が終わり、エッ本当にこれで終わり?と言う感じでした。

その後、

  • 副反応に関する説明文書
  • 番号札に待機時刻が記入されたもの

を渡され、経過観察のため15分間、椅子に座って静かに待機。時間がくればそれで終わりです。

ただ、ワクチン接種そのものより、会場(体育館)の蒸し暑さに参りました。エアコンがなく扇風機だけですのであまり良い環境とは言えません。接種が終わり、小学生は可哀想だな、と余計なことを考える余裕も。

接種前のあの緊張感は一体何んだったんだ、と思いました。

でも、緊張して具合悪くなる方もいらっしゃるとか、昨夜(21日)のNHKニュースで報じられました。よくわかります。

【参考】

ワクチン職域接種 専門の学会が事業者向け注意点まとめる | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

副反応

当日夜は入浴可とのことで、早めに入浴を済ませ床に。夜中に寝返りを打とうとすると、左上腕に痛みが、、、

ワクチンは筋肉注射なので、そこに一番副反応が出やすい、と説明文書にあった通りです。その痛みも昨日一日で和らぎ一安心。目立った副反応はそのくらいで、心配していた頭痛、発熱、倦怠感などはありません。

二回目の予約

ワクチン接種を終えて帰宅後、直ぐに二回目の予約(一回目の接種後3週間経過した後)を一回目同様LINEアプリから入れました。今度は、7月の中旬に「春日部市立医療センター」で予約でき、ほっとしています。

かかりつけ医でも

今日、かかりつけの病院に行くと、7月1日から接種開始のお知らせが掲示されていました。診察時に先生にお聞きすると、市内の約50の医院、クリニック等でもワクチンの個別接種が始まるそうです。いつも診て頂いているところで打ってもらえるのは安心ですね。

でも、個別の医院の窓口では予約はできず、やはり、電話、LINE アプリ、インターネットの何れかから予約が必要とのことです。

ワクチン接種は任意ですので、強制ではありません。また強制できません。受ける受けないは各人の自由です。テレビなどでいろいろ報じられらるので、不安な気持ちからワクチン接種を躊躇う気持ちもわかります。自分もそうでした。 

でも、私は接種を受けることを決め、まだ一回目ですが、実際受けました。

 少しでも安心して生活できる日がくることを信じて、二回目を受けるつもりです。

でも、例え二回目の接種を終えたとしても、私の感染対策は今まで通りで、何も変わりませんし、変えません。

昨日(21日)から職域や大学等でワクチン接種が始まりました。接種を希望する人が早く受けられるといいですね。

終わりに

なお、ここに書いたことは、あくまで私個人の考え、体験したことです。副反応も個々人で体質が異なり、個人差があります。

ワクチン接種を受ける受けないは、かかりつけのお医者さん等にご相談されたり、自治体等から届く文書などをもとにご自分でお決め頂ければ幸いです。

 

 

 

 

*1

 

*1:注記:リンク🔗した記事は予告なく削除されることがあります。その節は何卒お許し頂きたくよろしくお願い申しあげます。

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。