心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

大落古利根川

かすかべで彫刻を見てみよう!(6)『思い出』

目次 橋上のギャラリー 彫刻『思い出』3 作品名 作品寸法 作品素材 作者 作者コメント 余話 橋上のギャラリー 大落古利根川に架かる「古利根公園橋」は、その名の通り、橋の上に公園がある橋で、春日部市の市制30周年にあたる昭和59年(1984)に完成しまし…

大落古利根川の河川工事が終わるとそこはそこ?

目次 新緑が眩しい 河川工事の完了 そこは"底" 新緑が眩しい 緑が日々濃くなり、新緑が眩しい季節になりました。木々には新しい芽吹きもあり、いつもなら、自然の持つ生命力を一番感じる季節なのですが、去年と今年はマスクが少し鬱陶しく感じ始める時です(…

大落古利根川の桜を対岸から・・・

目次 もう初夏? 両岸に桜 もう初夏? 日曜日(3月28日)は雨でしたが、週明けの月曜日はもう初夏と言っても良い程の暖かい(暑い)日でした。 でも、歳を重ねると急に気温が急に高くなると、それはそれで結構きついなと感じています。 大落古利根川の対岸に…

さくら咲く!大落古利根川の一人お花見・・・

目次 桜開花の法則 桜は見頃 桜開花の法則 3月の初め頃、NHKの天気予報で、天気予報士の平井信行さん(かすかべ親善大使)が仰っていましたが、桜の開花には、600度の法則と言うものがあるそうです。 それは2月1から毎日、日毎の最高気温を足していき、累計…

春の日差しの中、古利根川河畔をちょこ歩き・・・

目次 ちょこ歩き 河川工事 以前のように ちょこ歩き 早いのもで、今年もニヶ月が過ぎ、弥生三月になりました。 まだまだ寒い日はありますが、暖かく感じる日も少しずつ増えてきたような気がします。 歳を重ねると足の衰えを感じることが多くなりました。 昨…

今年の冬はまだ君の姿を見ていない・大落古利根川のユリカモメ

目次 籠もるは続く 今日が節分? 主役のいない冬 籠もるは続く 埼玉県のに国の緊急事態宣言が発出されてから間もなく1ヶ月になります。感染判明者数は減少傾向にありますが、どうやら埼玉県は解除されず延長されるようようで、引き続き籠もる生活は続きます…

今日は仕事始めですが、さぁ仕事をしましょう!とはならないみたいです?!

目次 仕事始め 緊急事態宣言 今年の正月三が日は、当地かすかべも天気は良く、とても暖かなお正月でした。 コロナの話題さえが無ければ、本当に穏やかな良い正月だったと思います。頂いた年賀状のほぼ全てにコロナのことが書いてありました。静かに過ごさざ…

ある日小春日和に誘われて・・

目次 お散歩日和 別の日にも コサギ ここ数日、暖かくて、風もなくとても穏やかな日々が続いています。正に小春日和。 新型コロナウイルス感染拡大で、外出自粛が求められたからなのかわかりませんが、その頃から足の衰えを感じるようになりました。 リハビ…

季節は変わる!冬の気配を感じる時・・

目次 冬の気配 季節は変わる 川底が 冬の気配 立冬(11月7日)が過ぎ、暦の上では季節は既に冬、朝晩の冷え込みで徐々に冬の気配を感じるようになりました。 あんなに鬱陶しかったマスクも今は着けていると温かくさえ感じられます。 季節は変わる 満々と水を…

梅雨明けの古利根川は水満々と・・・

目次 ようやく 水満々と イヌグスは ようやく 昨日(8/1)気象庁から梅雨が明けたとの発表があり、かすかべにもようやく青空が戻ってきました。心なしか少し気分が明るくなりますね。 不要不急と言われるかもしれませんが“古利根川きらめき通り”を少しだけ歩…

これで見納め・・平成最後の古利根川の桜!!

今日は、天気も良く絶好のお花見日和なので、大落古利根川をもう少し下流に行ってきました。 古利根 きらめき通り 桜並木が続いています 八幡橋から ん、風見鶏? カワイイ‼️ 誰が設置したんでしょうか? 水かさも増えカモさんたちも嬉しそう。 帰り道は、桜…

桜:かすかべで桜を見るならここがオススメ!!

目次 桜満開 桜が主役 様々な場所から 地名について 今週のお題「桜」 桜満開 四月になったのに、季節が戻ったかのように肌寒く感じる日が続いておりましたが、かすかべでも桜がようやく満開を迎えました。 春日部(今回はあえて漢字で)は、読んで字の如し…

川のある風景・大落古利根川

目次 大落古利根川 河川改修と新田開発 河岸と舟運 大落古利根川再生事業 粕壁宿の裏手を日光道中とほぼ平行に流れる川が「大落古利根川」です。江戸時代には、古利根川の舟運で粕壁宿と共に歴史を刻んできました。 新町橋の川名表示 古利根公園橋の川名表示…

埼玉県指定天然記念物の“碇神社のイヌグス”は記念樹なのか?

目次 碇神社のイヌグス 案内板 老木ですが力強い イヌグスはタブノキ なぜ当地にイヌグスが? 記念樹なのか? 旧(もと)の木 前回からの続き… 碇神社のイヌグス 碇山には、往時名主の屋敷稲荷だった「碇神社」があり、そのため「碇山のイヌグス」は、別名「…

冬の主役はユリカモメ!

大落古利根川に架かる「古利根公園橋」 この橋は、昭和59年(1984)に市制30周年を記念して造られた日本でも珍しい橋上公園です。全長は79メートル。 冬の主役は、君だ「ユリカモメ」!! でも、何故一羽なの? もしかして、名前は、ジョナサン? それとも、“…

Copyright©2018-2021.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。