心の空のまちから

クレヨンしんちゃんのまち“かすかべ"には“心の空”が広がっています!!

桜ゴールドの東京2020オリンピック聖火が粕壁宿を駆け抜けるが、、、

目次

不安も

一年延期になった東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が迫ってきました。

東京都をはじめ首都圏では新型コロナウイルス感染者が再び増加傾向にあり、オリンピックの開催を巡って更なる感染拡大を懸念する声も多く聞かれます。正直なところ本当に大丈夫なのかな、と不安な気持ちもあります。

最終的な観客数もなかなか確定しません。一部の競技ではやはり無観客にならざるを得ないのかな、と思います。

聖火リレー

そんな中、今日4日と明日5日は茨城県、そして6日(火)に埼玉県に入り、その2日目の7月7日(水)午後、桜ゴールドのオリンピック聖火が粕壁宿を走ります。

周辺の道路には、6月半ば頃に交通規制の立看板が建っていました。

f:id:takejiisan:20210702180349j:image

(交通規制の立看板)

表示の時間からすると、ランナーが走るのは午後13時過ぎのようです。

ルートは当初の予定通り、かすかべ大通りの「三枚橋会館前」から「新町橋(西)交差点」の約1.0km。5人のランナーがトーチをリレーするとのこと。

注意事項

春日部市のホームページには、注意事項として、

  • 体調が悪い場合や感染が疑われる場合は、観覧を控えてください
  • 沿道で観覧する場合は、自宅に近い場所で観覧してください。特に、県外からの観覧は控えてください
  • 沿道では、マスクを着用してください
  • 大声を出さずに、拍手による応援や、配布グッズなどを活用した応援をお願いします
  • 観覧時は前後左右の人と適切な距離を取って観覧してください。過度な密集が生じた場合は、リレーを中断する場合があります
  • 沿道での聖火リレー観覧後、2週間以内に、新型コロナウイルス感染症に感染した場合、医療機関に相談の上、組織委員会に速やかに報告してください
  • 沿道における聖火ランナーの走行の模様は、聖火リレー期間中は毎日インターネットのライブ中継で視聴することが可能です。沿道の密集を避けるため、なるべくライブ中継でご覧ください

と書かれています。

春日部市のホームページ

↓↓

東京2020オリンピック聖火リレー 春日部市

 

当日の天気によりますが、もうこのような機会は二度とありませんので、感染対策をして、遠くからでも見てみたい、と思います。

でも、人が多い場合には、注意に従って、ライブ中継で視るようにします。

 

春日部市の場合、予定通り、公道を走りますが、神奈川県や千葉県のように公道での聖火リレーが中止になった自治体もありますので、果たしてどうなるのか、最後の最後までわかりません。

 

 

関連記事

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

 

 

*1

*1:注記:リンク🔗した春日部市の記事は、予告なく削除されることがあります。その節は何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

新型コロナワクチンの接種(一回目)を受けました・・・

 目次

前回に続き、新型コロナワクチン接種について、備忘録として書きます。

ワクチン接種

20日(日曜日)に新型コロナワクチン接種(一回目)を受けました。

 

f:id:takejiisan:20201220181958j:plain

(いらすとや)

20日は前日までの雨も明け方には上がり、朝からムシムシするとても蒸し暑い日でした。

朝とお昼前に体温を測り、いずれも37.5度以下(以上だと受けられない)だったので、いざ、と言うことになりました。

でも、出かける段になると何だかとても緊張しました。毎年インフルエンザの予防接種は受けていますが、それとはちょっと違う緊張感です。

接種会場の小学校に着くと、春日部市石川市長が視察を終えられたのか、体育館からちょうど出て来られるところでした。

体育館前にはパイプ椅子が30脚ほど並べられており、予約時間までそこで待つこと約10分。そして、10人づつ会場に。

体育館の入り口には車椅子用のスロープが設置されていました。

会場内に入ると番号札を渡され、

  • 接種券(クーポン)
  • 予診票(問診票)
  • 本人確認ができるもの

等を手元に出して、番号が呼ばれるまで、椅子に座って待機(10分程?)。不思議なことに、いよいよだな、と思うと何だか気が楽に。

自分の番号が呼ばれると

  • 予診票(問診票)のチェック
  • 体温を測り(自宅での体温を聞かれました)
  • また、「お薬手帳があれば出してください」と言われました(持参していました)。

事前確認が終わると接種ブースの前に移動し、接種を受ける旨の署名をして待機。

今度は直ぐに番号を呼ばれ、「問診ブース」へ、ご担当の医師(地元の病院の院長先生)からの問診を受け、隣の「接種ブース」に入りました。

いつもの注射と同じように「チクっとしますよ」と言う間も無く、本当にチクで接種が終わり、エッ本当にこれで終わり?と言う感じでした。

その後、

  • 副反応に関する説明文書
  • 番号札に待機時刻が記入されたもの

を渡され、経過観察のため15分間、椅子に座って静かに待機。時間がくればそれで終わりです。

ただ、ワクチン接種そのものより、会場(体育館)の蒸し暑さに参りました。エアコンがなく扇風機だけですのであまり良い環境とは言えません。接種が終わり、小学生は可哀想だな、と余計なことを考える余裕も。

接種前のあの緊張感は一体何んだったんだ、と思いました。

でも、緊張して具合悪くなる方もいらっしゃるとか、昨夜(21日)のNHKニュースで報じられました。よくわかります。

【参考】

ワクチン職域接種 専門の学会が事業者向け注意点まとめる | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

副反応

当日夜は入浴可とのことで、早めに入浴を済ませ床に。夜中に寝返りを打とうとすると、左上腕に痛みが、、、

ワクチンは筋肉注射なので、そこに一番副反応が出やすい、と説明文書にあった通りです。その痛みも昨日一日で和らぎ一安心。目立った副反応はそのくらいで、心配していた頭痛、発熱、倦怠感などはありません。

二回目の予約

ワクチン接種を終えて帰宅後、直ぐに二回目の予約(一回目の接種後3週間経過した後)を一回目同様LINEアプリから入れました。今度は、7月の中旬に「春日部市立医療センター」で予約でき、ほっとしています。

かかりつけ医でも

今日、かかりつけの病院に行くと、7月1日から接種開始のお知らせが掲示されていました。診察時に先生にお聞きすると、市内の約50の医院、クリニック等でもワクチンの個別接種が始まるそうです。いつも診て頂いているところで打ってもらえるのは安心ですね。

でも、個別の医院の窓口では予約はできず、やはり、電話、LINE アプリ、インターネットの何れかから予約が必要とのことです。

ワクチン接種は任意ですので、強制ではありません。また強制できません。受ける受けないは各人の自由です。テレビなどでいろいろ報じられらるので、不安な気持ちからワクチン接種を躊躇う気持ちもわかります。自分もそうでした。 

でも、私は接種を受けることを決め、まだ一回目ですが、実際受けました。

 少しでも安心して生活できる日がくることを信じて、二回目を受けるつもりです。

でも、例え二回目の接種を終えたとしても、私の感染対策は今まで通りで、何も変わりませんし、変えません。

昨日(21日)から職域や大学等でワクチン接種が始まりました。接種を希望する人が早く受けられるといいですね。

終わりに

なお、ここに書いたことは、あくまで私個人の考え、体験したことです。副反応も個々人で体質が異なり、個人差があります。

ワクチン接種を受ける受けないは、かかりつけのお医者さん等にご相談されたり、自治体等から届く文書などをもとにご自分でお決め頂ければ幸いです。

 

 

 

 

*1

 

*1:注記:リンク🔗した記事は予告なく削除されることがあります。その節は何卒お許し頂きたくよろしくお願い申しあげます。

ようやく新型コロナウィルスワクチン接種を受けることになりました・・・

目次

久々のエントリーです。

ようやく

TVのニュースでは、新型コロナウィルスワクチン接種の話題が連日流れていました。

大規模接種センターの状況とか、〇〇市ではこんな取り組みをしていますとか、等々。

しかし、「肝心の接種券すら届いていない者にとっては、関係ないニュースだね」などと言っていましたが、、、。

春日部市では5月の大型連休中から、まず、90歳以上の高齢者の方からワクチン接種が始まりました。以後段階的に接種対象年齢が下がってきて、ようやく自分たち番がやってきました。

6月10日夕、接種券が入った封書が郵送されました。

f:id:takejiisan:20210612132631j:image

届いた封筒を見るとどうやら接種券はクーポンと呼ぶようです。

封書の中身は、

  1. 新型コロナワクチン接種のお知らせ
  2. 新型コロナワクチン予防接種についての説明書
  3. 予診票(問診票)

などの他

f:id:takejiisan:20210614041047p:image

接種券(クーポン)
f:id:takejiisan:20210614041044p:image

(いらすとや)

などが入っていました。

予約方法

なお、届いた書類を見ると、予約方法として

  1. コールセンターに電話する
  2. LINE アプリで予約
  3. インターネットブラウザで予約

の3通りがあります。

確かめたわけではありませんが、電話はなかなかかかりにくいと聞いていましたので、2.のLINE アプリで予約することにしました。同封のお知らせの手順通りにやれば結構簡単にできました。

また、接種会場は、本当のところ「春日部市立医療センター」で受けたかったのですが、予約状況を見ると6月中は空きがなく、それでは早いところで、ということで、小渕地区の小学校で、20日(日)に第一回目のワクチン接種を受けることで予約ができました。

f:id:takejiisan:20210617142657p:image

(いらすとや)

スマホ一つで簡単に予約ができました。良かったぁ。

でも、いざ接種となると少し不安な気持ちになり、なんとなく落ち着きません。

ところで、

更新休止

ここしばらくブログの更新を休んでいました。

ネタ切れもあり、そのため今ひとつ更新する気になれず、新規エントリーをしないまま一ヶ月以上経ちました。

その間、何をしていたかというと、過去の記事を書き直し(リライト)することにひたすら精を出していました。

ブログを始めたばかりの時期の記事は、やたらと長く、読みにくいものが多いことに気づきました。

自分だったら多分最後まで読まないだろうな、と思いながら、記事を分割したりして、極力短文にして再エントリーしていました。

PVは?

そして、この間のPVは、といえば、新しい記事のエントリーがないのにもかかわらず、PVはほとんど変わらず、むしろ増えた日もありました。

つまりは、最近エントリーした記事はお読み頂く人にとって興味ないつまらない内容の記事だったということなのでしょうね(この記事もそうかもしれません、笑)。

こんな気持ちではなかなか書く気になりません。

 

書きたいネタができるまで、焦らず過去記事を見直したりして過ごすことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

八坂香取稲荷合社は海抜8メートル?!

目次 

八坂香取稲荷合社

ここ数年、初詣は八丁目にある八坂香取稲荷合社に行っています。ブログを始めた頃に記事をエントリーしました。

f:id:takejiisan:20210512144023j:image

下記のブログに書いた通り、この神社は永享己酉年(1429)に下総国一宮香取神宮を勧請したと伝えられています。以後約七百年もの間、地元八丁目村の鎮守産土神として人々の信仰を集めてきました。

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

久しぶりに八坂香取稲荷合社を訪れてみると幾つか新しい発見がありました(大袈裟ですが)。

まずは、

水準点

一の鳥居と手水石の間に何やら石が埋まっているのに気づきました。石ころ?

f:id:takejiisan:20210512144124j:image

何度も行っているのに全く気づきませんでした。

f:id:takejiisan:20210512144353j:image
f:id:takejiisan:20210512144348j:image

寄ってみると三角点か水準点?
f:id:takejiisan:20210512144351j:image

早速調べてみると、地図記号からどうやら「水準点」のようです。

↓↓

全国の三角点など測量基準点一覧マップ

これによると、当社の緯度・経度・標高は

緯度= 35.98602815(北緯35度59分9秒701)
経度= 139.75368977(東経139度45分13秒283)
標高= 8m

当社のこの場所の標高は海抜8mだったのです。案外高いことがわかりました。

なお、地図記号については、こちらをどうぞ

↓↓

地図記号:項目別 基準点と高さをあらわす記号 | 国土地理院

水準点とは

高さの測量を行うときに基準となるのが水準点です。国土地理院の水準点は、全国の主な国道又は県道等に沿って約2km毎に設置され、高さが正確に求められています。この水準点を利用して測量することにより、土地の高さを精密に(mm単位)に求めることができます。
  水準点は全国に約17,000点設置されており、各地点の高さを測るための基準として利用されます。

参考:国土地理院のサイト

↓↓

高さの基準 | 国土地理院

力石発見

そして、以前から八坂香取稲荷合社には、神社につきもののあの力石が無いのかな、と思っていましたが、本殿右脇に力石らしきものがあることに気づきました。

f:id:takejiisan:20210512151557j:image

寄ってみると

f:id:takejiisan:20210512151626j:image

やはり力石のようです。

 

なお、『埼玉の神社北足立、児玉、南埼玉』(埼玉県神社庁)によると、境内の力石は2個あり、重さは解りませんが、奉納されたのは江戸時代の延享三丙寅年(1746)三月吉日とのことです。当社にもやはり力石があったことがわかりました。

 

今回新たな発見(自分の中で)と言えるかどうかはわかりませんが、今まで気にも留めず見逃していたことが結構あることがわかりました。これからは、もう少し気をつけて見ていかないといけませんね。

 

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

 

 

*1

*1:注記:今回、国土交通省国土地理院の関連サイトをリンク🔗させて頂きました。なお、同サイトは予告なく変更又は削除されることがあります。その際は何卒お許し頂きたくよろしくお願い申し上げます。

かすかべで彫刻を見てみよう!(5)『煌(こう)』

目次  

彫刻の記事をランダムにエントリーしています。久々にかすかべの彫刻の題で。

通り沿いの彫刻

春日部駅東口から古利根公園橋までの公園橋通りは道路の幅員もあり歩道も広く歩くにとてもいい道路です。そして、両側には彫刻が数体設置されています。また、交差する春日部大通りや学校通りにも彫刻が設置されており、どちらも今では街の景観にすっかり溶け込んでいます。

前回も書きましたが、4月の中旬頃は躑躅が咲き誇っていました(少し時間が経ちましたが)。今回はその内の一つをご紹介します。

f:id:takejiisan:20210508145603j:image

花の中に

f:id:takejiisan:20210508145652j:image

f:id:takejiisan:20210508145712j:image

作品名

(こう)』8 

※番号は「彫刻のある街づくり」で設置された彫刻からの通し番号。

作品寸法

(高さ×幅×奥行き)
110cm× 50cm×62cm

作品素材 青銅

作者

森田 やすこ(もりた・やすこ)

1945年神奈川県生まれ。

作者コメント 

 これから 伸びて行く若いひとりの飾り気のないふとした時にみせる美しさは煌くようです。
伝統と若さのあるこの春日部市で”煌”を共にさせて頂くことができ幸せでございます。 

引用・参考:春日部の彫刻

 

躑躅に囲まれて

この彫刻は躑躅に囲まれて、まるでお花畑にいるみたいです。

f:id:takejiisan:20210508154937j:image
f:id:takejiisan:20210508154934j:image

余話

公園橋通りの一本裏に入った通りを歩いていると正面に彫刻の後姿が見えます。

まだ仕事をしている頃、夜この通りを歩いてくると植栽の中に何やら黒にものが、、、。

一瞬ドキッとした記憶があります。

f:id:takejiisan:20210508155729j:image

なお、春日部にあるこの作品は、作者の代表作の一つに挙げられています。

春日部駅東口エリアにはまだまだ他にも素晴らしい彫刻が多数ありますので、感想を含めて記事にしていきたいと思っています。

【過去記事】

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

takejiisan.hatenablog.com

 

世の中が落ち着いて、ゆっくりと彫刻巡りができる日がくるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1
 

 

*1:注記:リンク🔗したサイトの記事等は、予告なく削除される場合があります。その際は、何卒ご容赦頂きたくよろしくお願い申し上げます。

公園橋通りの歩道際にある花壇には躑躅の花が一杯・・・

目次

みどりの日

今日5月4日は「みどりの日」です。かつては4月29日がみどりの日と呼ばれていた時期もありましたが、現在は4月29日が「昭和の日」、そして今日5月4日は「みどりの日」とされています。

私はずっと4月29日が「みどりの日」と勘違いしていましたので少し戸惑っています。

何れにしても大型連休も早くも残り一日、現役の頃は「休みもあと一日かぁ」と少し気が重くなった記憶があります。

休む前はいいのですが、一週間も休むと休日明けは結構大変でした。毎日が日曜日の者にとっては、今は懐かしい思い出でしかありませんが(すみません)。

以前でしたらテレビのニュース等では高速道路の渋滞の映像がよく流れていましたが、今はそのようなニュースはありません。

躑躅

4月の中旬頃、駅東口の「公園橋通り」の両側には「躑躅」が満開でした。

f:id:takejiisan:20210504181803j:image

主役の桜や藤の花に隠れていましたが、躑躅をどうぞ(少し古いですが)。

f:id:takejiisan:20210504181830j:image

こはちょっとしたベンチ状になっていますので、一休みできます。ただし少し冷たく感じますが、、、

f:id:takejiisan:20210504181947j:image

ちょっと一休み

春日部駅東口方面に行く時には、ベンチで一休みすることがあります。春日部大通りなどには座ってちょっと一休みできるベンチが多数ありますので助かります。花に囲まれてお休みするのも乙なものですよ、、、。

 

かすかべには藤の花がよく似合う・・・

大型連休 

4月も今日で終わり、明日から皐月5月、昨日から大型連休に入りました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で今年もどこにも行けません。毎日が休日の高齢者には連休はあまり関係ありませんが、それでも例年この時期に会っていた老親や子供そして孫達には今年も会えません。

一方、地元かすかべでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「藤まつり」は今年も中止となりましたが、藤の花を愛でることはできます。

先日(4月24日)、NHKで春日部の藤が見頃とのニュースがありました(残念ながらリアルタイムでは見逃してしまいました)。

こちらをどうぞ

↓↓

埼玉県春日部市で藤の花が見頃 中心部に藤棚 |NHK 首都圏のニュース

駅西口前公園の藤

いつもは駅東口のことを書いていますが、久しぶりに西口に行きました。過去にも記事にしましたが、駅前の公園にも藤棚があります。

f:id:takejiisan:20210430155632j:image

NHKの記事にもあるようにふじ通りの藤棚は1キロも続く長い藤棚で、藤の見頃のこの時期は歩く方も結構多く、駅前の公園の藤で我慢しました。

f:id:takejiisan:20210430155737j:image 

朝の早い時間帯だったので誰もいません。

f:id:takejiisan:20210430155741j:image

朝日で明るくなってきました。

f:id:takejiisan:20210430160731j:image

f:id:takejiisan:20210430155817j:image

藤色も素敵です!

f:id:takejiisan:20210430155938j:image 

花房も長く手が届きそう!

 【過去記事】 

takejiisan.hatenablog.com

来年こそは

コロナに関係なく藤の花は咲き誇っていました。

来年こそは「春日部藤まつり」が開催されることを心から願っています。

そして一日も早く皆と会える日がくることを、、、

 

 

*1

*1:注記:リンクしたNHKの記事は予告なく削除されることがあります。その節は何卒お許し頂きたくよろしくお願い申し上げます。

Copyright©2018-2022.Takejiisan.All Rights Reserved.
当サイト内の文書・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。